2019年おすすめ映画翔んで埼玉など

翔んで埼玉は私も見ましたが映画が笑いの渦に包まれたライブ感が良かったです。肩の力をはらず楽しい映画だと思います。DVDもいいかもしれませんがこの空気は映画でみるべきでしょう。

翔んで埼玉

実写版テルマエ・ロマエの監督がメガホンを取っている、ということを理由に観に行きました。
終始観客から笑い声が聞こえるほどのギャグ映画でした。
そういった劇場全体の雰囲気が好きな方は、劇場や家での鑑賞の際、仲間や家族と一緒に見られる良い作品だと思います。
元々原作が高校生に見えない風貌のため、主人公役を演じられたGACKTも全く違和感がありませんでした。
彼自身が現実離れしてる雰囲気がありますので、役と非常にマッチしていました。
埼玉ディスがクローズアップされている作品ですが、その裏には「郷土愛とはいったいどういうことなのか?」という真面目なテーマを投げかけられます。
観終わった後に少し考えを改めないとな、という気持ちを重くではなく明るい気持ちで考えることができるような作品です。

フォルトゥナの瞳 T・ジョイSEIBU大泉

有村架純と神木隆之介が大好きなので、このW主演は見逃せないと思い公開前から映画館での鑑賞を決めていました。予告の動画だけで感動する作品に違いないと思っていましたが、本当にとても感動しました。まだ今年は始まったばかりですが、今年一番のお気に入りの作品になりました。冒頭のサイレン音や、人が車に引かれる瞬間など所々苦手なシーンもありましたが、役者さん方の演技力が素晴らしかったです。特に、主演のお二人のカップルシーンはときめきが止まりませんでした。そのシーンだけでももう一回観たいです。ラストの展開も、予想をいい意味で裏切ってきます。想像以上の感動に包まれること間違いなしです。主題歌のワンオクロックも心に染みました。

FIGHTERSTHEMOVIE~ChallengewithDream~ (シネマ太陽函館)

北海道日本ハムファイターズが誕生して15年になるのを記念して作成した、ドキュメンタリー映画です。面白かった、です。ファイターズのファンなので、数々の名勝負シーンの映像が懐かしかったというのはありますが、魅力はそれだけではないです。むしろ、主要選手や経営側・スタッフなどへのインタビューが満載で、試合を見ているだけではわからない、それぞれの苦労や思いなどを知ることができて、それが大変興味深かったです。各インタビューでは「北海道大好き」「ファイターズ大好き」的な演出が強すぎるのではないかという感じもしましたが、それでも、プロ野球好きのみならず、なにかを成し遂げようとしている人なら見て損はない映画だなと思いました。

アクアマン TOHOシネマズ新宿

アベンジャーズのようなヒーローアクション映画が好きでよく映画を見ています。アクアマンは水の中での戦闘や描画シーンが多くありましたが、すごく幻想的な世界感で自分も水の中にいるような感覚になって楽しめました。
特に戦闘シーンでは水の中を自由に動き回りながら躍動感ある戦闘が繰り広げられており、非常に見ごたえがありました。
また、家族との絆を表すシーンもあり、家族の大切さを考えさせられました。見た目が強面なアクアマンですが、家族や友のために憤怒していたり、優しい一面も垣間見れ、実はすごく家族思いの優しい人だと思いました。
アクションのすごさとアクアマンのやさしさに考えさせられとても楽しい映画でした。

シティハンター 新宿プライベートアイズ  ユナイテッドシネマ13・キャナルシティ博多

劇場版が出るのは相当久しぶりで、ものすごく公開を楽しみにしており、その期待がまったく裏切られないほど、面白かったです。あまりの面白さに二回も劇場に観に行きました。
声優さんがどなたも変わっておらず、今まで見てきたシティハンターのイメージそのものだったことに驚きました。
香さんの巨大ハンマーが今回も炸裂して、クスッと笑える場面が幾つもありました。
また、冴羽僚さんのカッコよさとお茶目さのバランスが丁度よくその魅力にどっぷりとハマることができました。
冒頭からラストまで、アニメで流れていた素晴らしい音楽が次々とかかり、アニメを何度も見ていた私としては、非常に感動しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。