2019年おすすめ映画えいがのおそ松さん など

平成最後の10連休何を過ごすとなると映画も一つの楽しみ方、DVD化されているのもすでにありますし、現在も公開されているのも。

ゆっくり映画をたのしみませんか?

えいがのおそ松さん MOVIX利府

控えめに言って最高でした…。数年ぶりに完全新作で帰ってきたおそ松さんですが、短編オムニバスが多かったテレビアニメだったので、長編はどんな作品になるのか観る前は正直分からず、不安もありました。本編が始まる前にショートムービーがあり、おそ松とトド松のやりとりで、まさにそんな私の不安をコミカルに表現してくれていたので、なんというか不思議とすんなり本編に入れました。少しネタバレになってしまいますが、本編の方、高校生の六つ子たち、すごく可愛かったですし、大人の六つ子との絡みもとても良くて…。卒業式の前日にもらった手紙をめぐるドタバタ、屋上でした喧嘩。手紙の送り主に会いに行くシーン。ラストシーンまでに、何度か目頭が熱くなってしまいました。懐かしいような、切ないような、そして優しくなれるような、そんな気持ちになれる映画です。おそ松さんを見たことがない人にも、ぜひ見て欲しいです!

翔んで埼玉 シネマサンシャインエミフルMASAKI

最初は正直言うと、なんの映画か分かりませんでした。
嫁から勧められてみに行きましたが、あらすじだけは聞いてみました。
一言で言うと、日頃は陽の目を見ない埼玉に焦点を当てて、東京に対抗するという内容でした。俳優陣が豪華で、愛媛で見ても、映画の最中に爆笑が起きる内容でした。ここまで埼玉がバカになれる映画は他にはないと思います。あまり興味がなくても、みに行くと埼玉が好きになれると思います。途中で出てくる神奈川はようわかりませんでした。
なんでも、原作は途中で完結してないと聞きます。この内容の続きはどうなるのか、数年後はどうなるのか、スピンオフがあっても面白いかもしれません。

>>ローズサプリお買い得激安

マスカレードホテル

木村拓哉が演じる主人公の刑事がホテルマンになり、クセのある刑事がお客様のためにというホテルマンになりきれるようでなりきれないところが面白くて笑えました。ホテルにくるお客様については1人ひとりストーリーがらあり、ほぼ1人ずつで完結していて誰が犯人とうたがいながらもこの人ではないかと考えながら見れて面白かったです。それぞれに背景がありホテルに泊まる人の人生等も描いてあって面白かったです。ただ事件については詳しくあまりなく、どことどこがつながっているかが最後まで見ても分からず謎なまま終わったところがあり不完全燃焼ではありました。でも全体的面白かったので見て良かったです。

映画刀剣乱舞

もともと原作ゲームのファンなので見に行きました。
目にも留まらぬかっこいい殺陣に最新のCG技術が拍車をかけて、男なら誰でも憧れる武士の戦いが血湧き肉躍るようでした。
役者も原作ゲームのキャラクターと遜色なく美麗で、キャラクターも声も違和感なく素晴らしいです。
脚本は名のしれた脚本家さんで見る前から安心感がありましたが、実際もよかったです。
画面のイケメン偏差値が高く、物語もミステリー性があり、次はどうなるのかとドキドキしながら見ることができました。
合計2回みました。1回目は物語を楽しみながら、2回目はミステリーの伏線を意識しながら、両方楽しんで見ることができました。

キャプテン・マーベル(イオンシネマみなとみらい)

面白かったです!マーベルファンはもちろん、今までマーベルの映画を観たことがない方も楽しめると思います。主人公が相当強く、敵をどんどん倒していくシーンは圧巻です。歴代のマーベルヒーローの中でもトップクラスの強さではないでしょうか。マーベルならではのコメディ要素もたっぷりあるのでお子さんと観るのもいいかもしれません。一方、泣ける部分は個人的になかったので、泣きたい時に観る、というよりはやはりスッキリしたい時・笑いたい時に観る映画かと思います。マーベル映画ならではの「エンドロール後の映像」はもちろん健在ですので、お見逃しなく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。