2019年おすすめ映画コードギアスとか

2019年公開した映画でおすすめなのを紹介しています。

コードギアス 復活のルルーシュ

アニメの最後で死んだはずの主人公ルルーシュが、映画ではタイトル通り復活するのかどうかが最大の見どころでしたが、序盤でいきなり出てくるので(と言っても本来のルルーシュではないのでルルーシュと呼べるかは分かりませんが)拍子抜けしました。個人的にはあっさりと出てくるのではなくて、もっとこう展開が熱く盛り上がってから復活してくれた方が良かったです。全体的なストーリー構成は正直アニメで感じてた「今後の展開が気になる!(アニメだとユーフェミアがギアスをかけられ日本人を虐殺した後の展開)」という期待感や、「何でそうなってしまうの…(ロロがシャーリーを殺してしまう)」という良い意味での裏切りが無かったので、普通のアニメ映画だなという感想です。
でもルルーシュが復活した姿を見られただけでもコードギアスファンとしては見る価値は大いにあると思います。

見た映画「ねことじいちゃん」 映画館「T・ジョイ博多」

小さな島に住む人たちと猫たちの日常を、丁寧に描いた映画だと感じました。
日常の中で起こる大小さまざまな出来事を通して、登場人物たちの心の動きを追っていくような、そんなストーリーが展開されるので、穏やかな心で映画を観ていました。
迫力のある映像を映画館の大きなスクリーンで見たい、という人には合わないだろうなと思いました。個人的には、猫たちのかわいらしい姿が大画面で見られるのが一つの魅力でした。
この映画が狙っている客層は高齢の方たちなんだろうな、と思いました。主人公が「じいちゃん」ですし、物語のテーマの一つとして「老い」を取り扱っている気がします。私がこの映画を観たとき、周りの客席におじいちゃんやおばあちゃんが多かったので、そう印象づいたのかもしれません。

映画ドラえもんのび太と月面探査記  MOVIX亀有

ドラえもんの映画では、これまで見た中で脚本上、矛盾を感じるところがありました。特に、鉄人兵団では、しずかちゃんが異星人たちが話しているところを偶然見かけて、本来、ほんやくこんにゃくを食べてもいないのに、彼らの会話を理解したところに強く違和感を感じたことが印象に強く残っていました。
今回の映画の中で、何気なく、ドラえもんが、みんなに、ほんやくこんにゃくを食べてもらっているシーンがあって、強いて、そのシーンを入れている感があり、鉄人兵団の矛盾点を改善したような感じを強く受けました。
映画の感想としては、血の繋がった両親ではなくとも、愛情を持って育てることの大切さを教えてもらえました

翔んで埼玉 シネティアラ21

映画公開直後の、まだ感想があまり出回っていない時に見に行きました。

原作を読んだ事がなく、CMでの前情報しかなかったので、ひたすら埼玉をイジリ倒して終わるだけの映画かと思いきや、以外とストーリーもしっかりしており、この先どうなるのか・・・とハラハラする要素もあって面白かったです。

特に対立していた千葉県と結託して東京都に攻め入るシーンなどでは胸が熱くなりました。

鑑賞したのが埼玉県内の映画館だったため会場は満席、埼玉をイジるセリフが出ると各所から笑いが起きるなど、まるで海外の映画館のような盛り上がりで楽しかったです。

劇場版シティーハンター TOHOシネマズ緑井

数十年前の学生時代に見ていた、漫画・アニメの劇場版です。
なつかしかったです。週刊少年ジャンプに連載されていた頃やテレビで放送されていた頃からすると少し記憶が薄れていていましたが映画館で鑑賞しているうちにあの頃がよみがえってきました。
シリアスな面・ギャグな面・セクシーな面・「モッ〇リ」…。
なつかしいメンバーも登場し、それぞれの持ち味を発揮しており最後まで飽きさせなかったです。「こんなことあったなー」といった具合です。
大変満足しました。ありがとうございました。
また、過去の映像や漫画の作品を探してみようと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。